3Dプリンター [ABSライク/エラストマーライク] (UV硬化型材料噴射式AM)


- クリックで拡大します -

工業製品等の試作開発のためのモデル作成を行なうことができるシステムです。
3Dプリンターは、インクジェット紫外線硬化方式により、高精度な積層造型ができます。また、非接触ハンディタイプ3Dスキャナーを備えているため、実在するリアルな形状をデジタル3Dモデルとして取り込んだ試作開発も可能となります。

【用途・特徴】
○ 家電、医療機器、機械部品、玩具、美術/彫刻、スポーツ分野など、試作、組み付けの検証、デザイン関連の意匠、外観形状確認など幅広い活用ができます。
○ 3Dプリンターは複合樹脂造形(2種類の異なる素材を可変混合)が可能です。
○ 3Dスキャナーは3次元データだけでなく、1秒間に最大16フレームのカラー静止画像を同時にスキャンすることが可能です。スキャンデータをメッシュ/ポリゴン処理で合成し、エクスポートできるArtec Studioを用意しています。
○ 本装置を活用することにより、中小企業等の試作開発および、新商品開発を支援します。

メーカー名

3D Systems

型番

3Dプリンター:3D Systems・ProJet MJP 5500X、3Dカラースキャナー(非接触ハンディタイプ):Artec 3D・ Artec Eva

仕様

造形範囲:518×381×295mm/積層ピッチ:HD モード25μm、UHD モード16μm、XHD モード13μm/素材:ABS ライク(ホワイト)、エラストマー(ナチュラル)

ご利用方法

試験計測(依頼試験)技術開発受託(受託研究)で利用できます

料金について

■ 試験計測(依頼試験)料金

三次元造形(インクジェット式3Dプリンター)

料金NO.項目単位料金担当部名
E4998三次元造形(インクジェット式3Dプリンター)1時間当たり2,750円情報・生産技術部
E4997三次元造形前処理1時間当たり3,190円情報・生産技術部
E4999三次元造形後処理1時間当たり3,630円情報・生産技術部

導入年度

平成27年度
  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:情報・生産技術部 設計試作グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •