1000BASE-T コンプライアンステスト装置


- クリックで拡大します -

オフィスや家庭、工場で一般的に使用されているコンピューターのネットワーク(イーサネット)に接続する機器において、規格通りに通信していることを確認する装置です。1000BASE-Tのイーサネットに接続する機器を開発している方にご利用いただけます。

【用途・特徴】
米国電気電子学会の規格のIEEE802.3に基づき、1000BASE-Tの規格に対応したコンプライアンステスト(規格認証試験)を実施して、対象機器が適合・不適合のどちらであるかを評価します。産業用のネットワークである「CC-Link IE Field」に接続する機器においては、本規格による試験を必須としています。また、100BASE-TX、10BASE-Tの試験も実施可能です。

メーカー名

株式会社TFTテクトロニクス社

仕様

オシロスコープ:DPO5104B
イーサネットコンプライアンステストソフトウェア:TDSET3
任意波形ジェネレータ:AWG5002C
テスト・フィクスチャ:TF-GBE-ATP

ご利用方法

試験計測(依頼試験)で利用できます

料金について

■ 試験計測(依頼試験)料金

イーサネットコンプライアンステスト

料金NO.項目単位料金担当部名
E0890イーサネットコンプライアンステスト1時間につき4,730円情報・生産技術部

規格

IEEE802.3、1000BASE-T、100BASE-TX、10BASE-T

導入年度

平成26年度
  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:情報・生産技術部 システム技術グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •