熱間加工性試験

高周波誘導加熱装置、油圧プレス、雰囲気制御装置を組み合わせた熱間加工再現試験装置を用いて熱間での金属材料の熱間加工性等を測定します。コンピューターを用いて温度条件、加工条件を高精度に制御することが可能ですので、熱間鍛造、圧延時の変形抵抗の測定や高温変形特性の評価等が可能です。この他、拡散接合や熱処理特性の試験も可能です。

【試験対象】
 金属材料

対象材料:鉄鋼材料、チタン合金、ニッケル合金など高周波誘導加熱が可能な金属材料、加熱温度:室温~1350℃(鉄鋼材料の場合)、Heガス等による制御冷却が可能、加工速度:0.001mm/sec~500mm/sec、最大荷重:10tonf

料金について

料金表番号試験名単位料金
E0440熱間加工性試験1試料につき7,590円

使用する機器について

この試験に使用する機器は以下の通りです。

担当部署

機械・材料技術部 材料物性グループ

分類

海老名本部 試験計測 | 工業材料や部品の強さ、硬さ、耐久性等の評価 | 金属・セラミックス・機械部品
  • この試験に関連するお問い合わせ
  • 担当:機械・材料技術部 材料物性グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •