ホール効果測定

試料に電圧を印可して電流測定を行うことで抵抗率(比抵抗)を評価します。また、磁場を印可することで伝導キャリアの種類(n方/p型)の判定、キャリア量(キャリア濃度)、キャリアの移動速度(ホール移動度)を評価します。

【試験対象】
 半導体、金属、半金属、セラミックス

Van der Pauw法、ホール効果測定、サンプルサイズは5x5mm、20Kから室温まで測定可能

料金について

料金表番号試験名単位料金
E1152ホール効果測定1試料1条件につき 20,680円

使用する機器について

この試験に使用する機器は以下の通りです。

担当部署

電子技術部 電子材料グループ

分類

海老名本部 試験計測 | 機械機器、電気・電子部品等の性能の評価 | デバイス・実装
  • この試験に関連するお問い合わせ
  • 担当:電子技術部 電子材料グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •