蛍光X線定性分析(波長分散方式)

試料にX線を照射し、発生するX線(蛍光X線)の波長を波長分散方式(WDX)で測定することにより、一定面積(1 mm ~ 30 mmφ)の元素の定性分析を行います。

試料表面層の元素定性分析

【試験対象】
 金属、無機材料、プラスチック、複合部材等

【関連するキーワード】
 XRF、WDX、元素分析、微量分析

料金について

料金表番号試験名単位料金
E1860蛍光X線定性分析(波長分散方式)1試料につき 20,240円

使用する機器について

この試験に使用する機器は以下の通りです。

担当部署

化学技術部 化学評価グループ

分類

海老名本部 試験計測 | 材料や異物等の材質、成分、元素、物性の分析  | 固体・表面分析
  • この試験に関連するお問い合わせ
  • 担当:化学技術部 化学評価グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •