フーリエ変換赤外分光分析

試料に赤外線をあて,吸収スペクトルを測定することにより,物質の同定を行います。

材料や微小異物の同定を行います。

【試験対象】
 有機物,プラスチック,無機物

【関連するキーワード】
 FTIR, 赤外吸収スペクトル測定

料金について

料金表番号試験名単位料金
E2021フーリエ変換赤外分光分析1スペクトルにつき19,800円
E2023フーリエ変換赤外分光分析用微小試料調製1試料につき3,190円
E1940試料調製(1)(切粉作製等簡易な前処理)E1810,E1820,E1821,E1822,E1831,E1832,
E1860,E1932,E1933,E2021,E2211,E2212,
E2225,E2235,E2265,E2275,E2281,E2282,
E2290,E2294,E2295,E2310,E2330,E2340,
E4010,E4020に適用
1,870円
E1950試料調製(2)(難分解性試料等複雑な前処理)E1810,E1820,E1831,E1832,E1860,E1891,
E1892,E1911,E2021,E2211,E2212,E2225,
E2235,E2265,E2275,E2281,E2282,E2290,
E2294,E2295,E2310,E2330,E2340,E4010,
E4020に適用
9,790円
E1960試料調製(3)(極微量物質の分離濃縮等困難な前処理)E1810,E1820,E1831,E1832,E1891,E1892,
E1911,E2021,E2211,E2212,E2225,E2235,
E2265,E2275,E2281,E2282,E2290,E2294,
E2295,E2310,E2330,E2340,E4010,E4020
に適用
16,280円

使用する機器について

この試験に使用する機器は以下の通りです。

担当部署

化学技術部 環境安全グループ
機械・材料技術部
*同様の試験を溝の口支所でも行っております(料金番号:K5055)。

分類

海老名本部 試験計測 | 材料や異物等の材質、成分、元素、物性の分析  | 分光分析・有機物定性分析
  • この試験に関連するお問い合わせ
  • 担当:化学技術部 環境安全グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •