顕微レーザーラマン分光分析(簡単なもの)

測定そのものや測定用試料作製が、容易に行えるサンプルを対象とした試験項目です。顕微レーザラマン分光法で、有機物および無機物の成分分析や、顕微鏡サイズの微小部の異物分析を行います。赤外分光(FTIR)では難しい、炭素系物質の評価や無機物の同定ができます。

【試験対象】
材料全般(有機物および無機物、液状物質も可能)。顕微鏡の対物レンズが接近できる程度の平坦性が必要です。

料金について

料金表番号試験名単位料金
E2091顕微レーザーラマン分光分析(簡単なもの)1試料1ヶ所につき20,460円

使用する機器について

この試験に使用する機器は以下の通りです。

担当部署

機械・材料技術部 ナノ材料グループ

分類

海老名本部 試験計測 | 材料や異物等の材質、成分、元素、物性の分析  | 分光分析・有機物定性分析
  • この試験に関連するお問い合わせ
  • 担当:機械・材料技術部 ナノ材料グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •