ゼータ電位測定(A)(微粒子分散溶液)

微粒子の直流電気泳動をレーザードップラー法で検出して、ゼータ電位を測定する試験です。微粒子の分散・凝集性の原因や、pHタイトレーションを使用した測定で等電点を調べることができます。試料には測定中に沈降しない分散性が求められますが、すべての粒子が浮いている必要はなく、一部でも安定して浮遊する粒子があれば測定可能です。なお溶媒は、低粘度で誘電率が高いことが必要です(例えば水やアルコールなど)。

測定可能なpHの範囲は2~11。ゼータ電位の絶対値の算出には、分散溶媒の誘電率と粘度と屈折率の値が必要です。一般的な溶媒の物性値は当所で持っていますが、混合溶媒など情報が未知の場合はご相談下さい。

【試験対象】
 短時間(数十分程度)では沈降しない粒子。

【関連キーワード】
 ゼータ電位(Zeta Potential)、電気泳動、レーザードップラー法、分散・凝集性、等電点

料金について

料金表番号試験名単位料金
E4160ゼータ電位測定(A)(微粒子分散溶液)1試料につき10,340円

※1試料、1pHにつき

使用する機器について

この試験に使用する機器は以下の通りです。

担当部署

機械・材料技術部 ナノ材料グループ

分類

海老名本部 試験計測 | 材料や異物等の材質、成分、元素、物性の分析  | 粉体・表面性能
  • この試験に関連するお問い合わせ
  • 担当:機械・材料技術部 ナノ材料グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •