粒径分布測定(動的光散乱法)

動的光散乱(DLS)法でブラウン運動を観測して、溶媒中に分散した微粒子やエマルションの粒径分布(粒度分布)を評価する湿式の試験です。試料には、測定中に沈降しない分散性が求められ、沈降粒子は観測にかかりませんのでご注意ください。高濃度の場合は、粒子のないブランク溶媒で希釈した方が信頼性の高いデータが得られます。なお、有機溶媒を含む様々な溶媒で測定できますが、低粘度であることが必要です。

測定可能サイズは、約 1 ナノメートル~7 マイクロメートル。設定温度範囲は、10℃~90℃。粒径の絶対値の算出には、分散溶媒の粘度と屈折率の値が必要です。一般的な溶媒の物性値は当所で持っていますが、混合溶媒など情報が未知の場合はご相談下さい。

【試験対象】
 粒径が7マイクロメートル以下の沈降しない粒子。

【関連キーワード】
 粒径分布(Particle Size Distribution)、粒度分布、動的光散乱法 (DLS)、ブラウン運動、ナノ粒子

料金について

料金表番号試験名単位料金
E4180粒径分布測定(動的光散乱法)1試料につき9,020円

使用する機器について

この試験に使用する機器は以下の通りです。

担当部署

機械・材料技術部 ナノ材料グループ

分類

海老名本部 試験計測 | 材料や異物等の材質、成分、元素、物性の分析  | 粉体・表面性能
  • この試験に関連するお問い合わせ
  • 担当:機械・材料技術部 ナノ材料グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •