高圧示差熱・熱重量測定

加圧下での示差熱・熱重量同時分析高圧示差熱・熱重量測定装置を用いて、通常では大気圧下において不活性ガスまたは活性ガス流通させて行うTG/DTA測定を加圧下で行います。TG/DTA測定は、物質の温度を一定のプログラムに従って変化させながら、その物質の質量変化(TG)及び、試料と基準物質との間の温度差(DTA)を、温度または時間の関数として測定する方法です。これを高圧下で測定することで、通常のTG/DTA測定では確認できないさまざまな事象を観測することが可能です。通常の条件(酸素1MPa、室温~500ºC、昇温速度20K/min)で測定できない発火温度測定はこちらでの対応になります。

昇温速度10℃/min以上 室温~500℃

【試験対象】
 高分子,有機,無機材料

【関連キーワード】
 HP-TG/DTA、熱分析、発火温度測定

料金について

料金表番号試験名単位料金
E2441高圧示差熱・熱重量測定1測定につき23,210円
E2490試料調製(1)(切断,試験片作製等簡易な前処理)E2411からE2472に適用3,300円
E2491試料調製(2)(粉末化等困難な前処理)E2411からE2472に適用4,950円
E2492試料調製(3)(溶解,ろ過等複雑な前処理)E2411からE2472に適用7,260円

使用する機器について

この試験に使用する機器は以下の通りです。

担当部署

化学技術部 環境安全グループ

分類

海老名本部 試験計測 | 材料や異物等の材質、成分、元素、物性の分析  | 熱物性
  • この試験に関連するお問い合わせ
  • 担当:化学技術部 環境安全グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •