ICP発光分光分析装置(シーケンシャル型)


- クリックで拡大します -


- クリックで拡大します -

ICP発光分光分析装置(ICP-OES)は、アルゴンプラズマ(炎状)に溶液試料を導入し、発光強度を測定することで、元素の濃度(含有量)を分析する装置です。

【用途・特徴】
ICP発光分光分析法は、JIS規格等で幅広く採用されている元素分析法です。測定する試料は溶液のみですが、固体試料の場合には、予め前処理(溶液化)することで分析が可能です。
本装置は、高感度分析が可能なシーケンシャル型です。
新規材料や製品開発のための材料分析評価、製品量産時の品質管理・トラブル対応、RoHS指令対応の有害金属元素分析といった幅広い分野でご活用いただけます。

メーカー名

株式会社日立ハイテクサイエンス

型番

PS3520 UVDDII

仕様

シーケンシャル型ICP-OES

ご利用方法

試験計測(依頼試験)技術開発受託(受託研究)で利用できます

料金について

■ 試験計測(依頼試験)料金

ICP発光分光分析法による定量分析

料金NO.項目単位料金担当部名
E1891ICP発光分光分析法による定量分析(A)(容易なもの)1試料,1成分につき(容易なもの)8,250円化学技術部
E1892ICP発光分光分析法による定量分析(B)(複雑なもの)1試料,1成分につき(複雑なもの)12,430円化学技術部

ICP発光分光分析法による定性分析

料金NO.項目単位料金担当部名
E1911ICP発光分光分析法による定性分析1試料につき,基本10元素まで18,920円化学技術部
E1921ICP発光分光分析法による定性分析 1元素増1試料につき,1元素増すごとに1,870円化学技術部

導入年度

令和元年度

導入に関して

本装置は令和元年度に公益財団法人JKAによる補助を受けて導入しました

  • この装置に関連するお問い合わせ
  • 担当:化学技術部 化学評価グループ
  • その他の技術相談はこちらから
  •